初午大祭 (3月の第一日曜日)

 荷機稲荷神社は、200年に及ぶ歴史を伝える稲津町の誇りでもあり、『小里のお稲荷さん』として愛されています。

大祭神事の様子

 初午大祭は、文化元年(1804年)江戸時代中期に村内で凶作が続いたため村民が協議し、村内安全・五穀豊穣を願って、京都伏見稲荷本社から御分身を荷機稲荷神社に迎えて祈願したのが始まりです。
 初午の日にお稲荷様にお詣りするのは、和銅4年(711年)2月初めの午の日に稲荷大神が伏見稲荷大社にご鎮座された日でそれを慶びお祝いするお祭りです。

 荷機稲荷神社の初午大祭も、昭和10年代までは2月の初めの午の日に行われていましたが、2月は積雪もあり参拝も難儀のため3月の初めの午の日に変更されましたが、休日の方がよいとされ現在は3月の第一日曜日に行われます。

奉賛会長玉串
参列者玉串拝礼

 お使者合せ
  当神社の初午大祭には、崇敬者が家の神棚から神使いの陶製の狐像を奉持し、お像を幣殿でお祓いを受け御祭神と、神謁(お合せ)し神明の加護を祈り、家の神棚に安置する信仰行事「お使者合せ」が早朝より日没まで続きます。

 境内に露店や屋台が並び終日賑わいます。
 戦前は、陶土等を馬車で各地に運ぶため馬も多く飼育されていましたので草競馬なども行われていたようです。現在も境内には馬がつながれます。
 東濃一帯及び名古屋・三河方面の崇敬者が相次ぎ終日賑わいます。
 参道や広場には多くの露天や屋台が並び、賑わいます。

お使者合わせ巫女さん・露天商・御神輿・神馬乗馬会様子

〇神馬乗馬会

〇御神輿 令和5年担当地区 河原地区の皆さまご苦労様でした

〇露天商が並び終日賑わいます。

〇初午大祭イベント 尾張知多万歳奉納上演
 尾張知多万歳(おわりちたまんざい)とは、愛知県知多市に伝わる伝統芸能である。1996年12月20日に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

〇ケーブルテレビ初午大祭取材 地域ニュースで3月9日放送
 地域情報の発信。多治見市・土岐市・瑞浪市の身近な出来事を独自に取材し、制作した番組を放送されています。

初午大祭の最後には、厄年の皆さんの餅投げ 

午後4時西の広場で太鼓の合図で、厄年厄払い奉納餅・稲津町各地区奉納餅・稲津ご企業様奉納餅投げ。約200臼以上が一気に投げられます。コロナ共存マスク着用ながら、餅拾い壮観な光景です。